過払い金請求のメリット・デメリット

過払い金請求のメリット

  1. あなたの手元に払い過ぎたお金が戻ってきます!
    過払い金請求とは、利息制限法という法律により定められた利息よりも高い利率で利息を払い続けたために発生した『支払い過ぎたお金』を返してもらう手続きです。なので引き直し計算をして本来返済すべき金額以上のお金を払っていれば、払いすぎた分のお金は返還請求することによって取り戻すことができます!
  2. 面倒な手続きは不要です!
    「過払い金請求」とは、司法書士や弁護士が債務者に代わって金融業者と交渉し、借金の減額や免除、「過払い金」の返還請求をしてくれる手続きです。相談者様ご自身が行うこともできますが、専門家に依頼すると金融業者とのやり取りはすべて専門家が代行してくれる為、相談者様が面倒な手続きを行う必要がないのも魅力です。必要な書類も借り入れを示す記録など、少なくてすみます。
  3. 金融業者からの取り立てがストップします!
    司法書士や弁護士に依頼すると、各金融業者からの取り立てが即時ストップ!金融業者から本人へ直接連絡することは禁止される為、手続き中は返済のことを考えなくて済みます。
  4. 返してもらった過払い金を他の借金の返済に充てることができます!
    複数の金融業者から借り入れている場合、ある業者から取り戻した過払い金を他の業者への借金の返済にあてることができ、さらなる負担の軽減が図れます。

過払い金請求のデメリット

  1. 利率15%~18%(上限で20%)を超えた利息を払っていない限り、過払い金は発生しません。なので、銀行のローンなどは過払い金返還の対象になりません。金融公庫などから借り入れている住宅ローンも同様です。
  2. 相談者様が直接交渉しても金融業者は簡単に過払い金を返してくれない(中には過払い金の存在そのものを認めない業者もある)ので、裁判所や弁護士、司法書士にお願いしないと過払い金返還が難しいケースが多いです。
  3. 一度過払い金請求をしてしまうと、過払い金を取り戻したかどうかの結果にかかわらず、二度と過払い金請求をすることはできません。過払い金請求をする際には必ず専門家に相談したうえで慎重に行うようにしましょう。